人の死と向き合う

皆様、お疲れ様です。

コードレスチャイム販売の株式会社クリック・大村でございます。

本日の内容は、ブログに書くようなことではないのかもしれません。

しかしながら、目を反らすことのできない現実があって、今があります。ですから、しっかりと向き合ってブログを書きたいと思います。

今日、サッカー元日本代表の松田直樹選手が亡くなりました。享年34歳だそうです。

松田選手が出場していた2002年の日韓ワールドカップ・日本VSロシアは、スタジアムで観戦していました。ハードマークが売りのディフェンダーでしたから、日本のピンチを幾度も救い、日本ワールドカップ初勝利をもたらす原動力となってくれました。

歯に衣着せぬ物言いが、勘違いされることもありましたが、とにかく熱い魂をもった選手でした。

印象深い言葉があります。

「俺、マジでサッカー好きなんすよ。」

これはデビュー以来、長年プロ生活をしてきた横浜Fマリノスから戦力外通告を受け、その年の最終戦終了後にサポーターに向けて放った一言です。

素でこんな事をサポーターに言える選手は他にいますでしょうか?

自分にわがままに生き、そして別のチームで現役を続けるという選択をした松田選手。決して、プロとしては恵まれていないJFLというカテゴリーで再スタートを切った矢先の訃報でした。本当に残念です。

ある意味、伝説になった。そう思います。不謹慎かもしれませんが、本当にそう思います。

自分の好きなことだけに真剣に向き合う。そんな、わがままな人生も悪くない、そう考えさせられました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

今日は、もう一つ訃報がありました。それは、仕事仲間のご家族です。

まだ付き合いは短いものの、一緒に同じチームで仕事してきた仲間です。その仲間のご家族の通夜に参加させて頂きました。

会場に付いた早々、仕事仲間と話ができました。その方は、その方らしく気丈に振る舞ってくださいましたが、途中で堪えきれず涙を流す姿を見て、その方のご家族への愛情を感じ取りました。

私も、この先は必ず家族との別れの日を迎えます。家族への感謝の気持ちを強く抱くことの必要性を改めて感じました。

ご家族の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最後に、人の死と向き合う事は悲しい事です。悲しい事を悲しいと声を大にして言います。その素直な気持ちを表に出すからこそ乗り越えられる。私はそう思います。

腹の底から、声出していきましょう!