なでしこJAPAN!アルガルベカップ準優勝!!

皆様、お疲れ様です。
業務用コードレスチャイム販売の株式会社クリック・大村智哉です。

昨夜は、女子サッカー・アルガルベカップ「日本vsドイツ」をテレビで観戦して熱くなりました。

女子サッカーと言えばW杯優勝が記憶に新しいところですが、今年はロンドン五輪優勝を目指して頑張っています。

今回の国際大会でも、五輪で対戦するであろう強豪国が出場しており、絶好の強化試合となったと思います。

予選からの試合を見ていると、佐々木監督の目的がはっきりと現れていました。五輪では18名しか選手登録ができない為、複数のポジションを質を落とす事なくこなせるように普段とは異なるポジションで選手を起用したり、選手と選手の組み合わせを試したりと、五輪を見据えた試合を常にしておりました。また驚いたのは、それを決勝の舞台でも実行するところです。最終ゴールが明確になっているからこそなんだと思いますが、佐々木監督の器の大きさを感じました。

また選手達も素晴らしく、決勝では序盤に続けて2失点したのにも関わらず常に自分たちのサッカーを実践し、同点に追いつきます。失点をしても下を向かない、常に仕掛ける姿勢が特に見えたのは、今大会でMVPを受賞した宮間キャプテンでした。本当に素晴らしいと思います。

ただ、最後の最後に勝敗を別けた瞬間を見てしまいました。同点→逆転→同点と続き最後の1点を決められた時、GKの海堀選手はゴール前で寝転がってしまったのです。ボールを持ってセンターサークルに向かうのではなく・・・。劇的な試合の中で最後の最後とはいえ、前に向かう姿勢が折れてしまったところが勝敗を左右したのではないでしょうか。昨日のなでしこJAPANは、点をとられても更に点がとれる気がしてなりませんでした。それだけに。。。

でも、今回負けたことが五輪につながると確信しています。ぜひ、金メダルをとって欲しい。国民の期待は高まる一方ですが、私も全力で応援したいと思います。